保険相談は重要

保険相談とはどのようなものなのでしょうか

保険相談といっても、保険会社の営業担当者などに相談するのではなく、ここで言うのは複数の保険会社の商品を取り扱っている保険代理店の保険相談のことです。もちろん、保険会社の担当者に相談しても、相談には乗ってもらえますが、他社の商品にもっと良いものがありますよ、などとは絶対に言うことはありません。自分の会社の保険をすすめるのが営業担当者の仕事だからです。複数の保険会社の商品を扱っている代理店なら、アドバイザーがその人に一番合った保険をたくさんの保険会社の商品の中から選び出してくれるのです。すすめてくれる保険に入るか入らないかは相談した人の自由です。

気軽に相談できる2つのタイプ

保険相談にも、いくつか種類がありますが、その中で多いのが、来店型、訪問型の2つのタイプです。来店型の代理店は、大きな駅の近くや大型ショッピングモールの中などにあり、その店舗に行ってアドバイザーに相談に乗ってもらうことになります。事前に予約をしておくことをおすすめしますが、買い物帰りなどに気楽に相談に乗ってもらうこともできます。もう1つの訪問型の代理店は、アドバイザーが依頼者の自宅まで来てくれるタイプです。忙しくて出かける時間がなかなか取れない人や、来店型の代理店が自宅の近くにはない、という人におすすめです。どちらのタイプも、専門のアドバイザーが相談に乗ってくれます。保険相談では、その人に一番合った保険をすすめてくれますが、その際、どのような理由でその商品を一番すすめるのか、どのようなメリットがあるのか、知識がない人にも分かるように説明してくれるので、納得のいく保険が見つかることと思います。